So-net無料ブログ作成

仕様規定と許容応力度計算 [住宅]

しっかり構造設計したプランを作れる設計事務所で、3階建て建てませんか?


詳しくはホームページまで


全国版 http://officeu.web.fc2.com/UAO/

茨城版 http://1st.geocities.jp/nao_denim/


------------------------------------------------

構造計算する=許容応力度計算  ですが、仕様規定という簡易的なもので、しなくてもいい ということになっています。

※ここでいう仕様規定というのは、簡単に言えば、構造計算のように、建物の重量・地震力・風圧力等の自重・外力 を考慮の上で計算せず、あくまで、床面積・立面の見付面積のみで、ある係数をかけて耐力壁の必要数を算定する方法です。これに加え、今は、柱下の引き抜き金物をN値計算で算定する方法です。

しかし、本来、いわゆる4号建築物と言われる、構造計算まで確認申請時求めない建物についても、本来は、「建築士」に任せるということだけであり、いらないわけではない というのはご存知でしょうか?

これは、建築士に「構造」について設計を任せていることであり、仕様規定で建てるのか、許容応力度計算までしてつくるのかは、「建築士」任せ ということなんです。

ですが、不思議な話、仮に、仕様規定で 設計された住宅に構造的な瑕疵が出て、裁判になったとすると、裁判上は、「安全な構造を証明するものがない」として、設計した建築士が「負ける」ことになるんです。

仕様規定は国が出している「指針」でもあるし、建築基準法にも載っていることなのに、どうしてNOなのか。

今、住宅性能評価にしても、長期優良住宅にしても、許容応力度計算まで必要としなくても、代わりの方法があり、いわゆる、仕様規定の強化版で対応しているのですが、この強化版もこと細かに言えば、柱・梁の検討はあまりしていないし、実際に構造計算している側からいえば、非常に軟弱な算定方法です。

しかし、建物本体が、強化されていることには変わりなく、仕様規定の強化版でも悪い話ではないのですが、実は、基礎ともなると、これがまた厄介で、基礎は、構造計算すると、通常の基礎の1.3倍の値段がかかるものとなります。算定方法、基準 考え方 が全く違うのです。仕様規定では、スパン表とかを使って設計します。要するに、ちょっと適当な方法です。

結論を言えば、やはり普通の家も 許容応力度計算=構造計算 すべきだとは思いますが、建築士は、この件について、施主了解の元、仕様規定なのか 構造計算なのかを明確にすべきだと思います。

それは、契約書でも 一筆でも 何か残さないといけないことです。

一方、施主側も 、どのような方法で構造設計されているのかを、「難しくてわからない」ではなく、確認して、家づくりすべきかと思います。

-----------------------------------------------------------


内呂建築設計事務所


総合版・千葉版 http://officeu.web.fc2.com/UAO/

茨城版 http://1st.geocities.jp/nao_denim/


土浦市、つくば市、守谷市、取手市、牛久市、


龍ヶ崎市、つくばみらい市、筑西市、坂東市、稲敷郡阿見町、


稲敷郡美浦村、稲敷郡河内町、北相馬郡利根町、稲敷市

千葉県北西部


特に 取手・守谷・利根町・龍ヶ崎がホーム!


柏市 松戸市 野田市 我孫子市 流山市 白井市 印西市 船橋市 市川市


浦安市 千葉市 佐倉市 習志野市 八千代市 印旛郡 成田市 等


千葉県は、柏・松戸・我孫子が中心です。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/wt66lnm34oom


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。