So-net無料ブログ作成

構造計算 青本ははたして良いのか??? [住宅]

木造の構造計算について バイブルがあります。

それは、「木造軸組工法の許容応力度設計」という本です。

この本、以前、2回ほど改訂があり、現在に至ります。現在のものは 2008年度版で、その前が2001年 その前が1988年です。1988年のものは 青本 と言われ、それ以降はグレー本と言われてます。

青本からグレー本に代わるに当たり、その間に阪神大震災がありました。

青本からグレー本に変わった事で大きな事 それは、床を水平構面として、地震力などの水平力を受け、下階の耐力壁に伝達することを考慮したものです。

そう、ピンと来る人もいるかと思いますが、吹抜けが多いとNGとなり易いのです。

現在、2階建ての家ですらも、吹抜け設置について、どうあるべきかを、建築知識の特集で見かけたりしますね。

私も、3階のほとんどが吹抜け状態 というものがありました。

その場合、グレー本ではNGなので、計算書作れません と言って断った事もあります。

青本で受け付けてくれるところがあるので、お願いしたい とか、出来るところがあるから、そこにお願いする という意匠設計者もいますが、まあ、木造だし、そんなに壊れにくいと過信して、折角、阪神大震災で更新した技術を無駄にするのはどうかとも思います。

逆に、構造設計者が良いと言ったからと言われたくないので、そういうことはしませんよ と言ってますがね。

因みに、青本NGの確認検査機関はほとんどで、水平力考慮はいわば常識となってます。

青本の水平力不考慮 は、あまりに危険という認識を、設計者はもつべきかと思います。 

こちらのページで分かり易く載ってます。 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。