So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

省エネの義務化は必要ないのか? [住宅]

住宅省エネの義務化が、2020年に行われると聞いていたのに、結局 見送りのようだ。

この件は、いわゆる構造の4号特例と似ていて、見送りの理由は 大きく言えば、設計者 及び 施工者 が「する必要性がない」と思っているから そして、現行で、実現しているのが4割程度となっているからだそうだ。

でも、実態は、設計者 施工者が できないから 面倒くさいから 施工費用が上がるから であり、

逆に、消費者は、住宅選びで建物の性能と省エネは重視すると言っている統計データもある。

要するに、ニーズじゃなく ただの作り手側の一方的な都合なわけだ。


しかし、本当に先送りしてよいのだろうか?
この制度、もともとは CO2削減という 国際的な枠組みからスタートし、日本の家のエネルギー損失が大きいということもあり、制度化への道を進んでいたはず。現在、住宅以外は、省エネ適合判定が始まり、既に運用されている。
住宅の方が 無論 事務所よりも多いので、CO2削減という観点から見れば やってもいいはずだ。

設計者の習熟度 施工者の費用増加 と 手前勝手だが、施主から言わせれば、性能の良いものは 通常のものよりも価格は高い とは思っているので、単純に費用は増額となっても仕方ないともいえるはず。

当方も設計者だが、手間が増えても設計料は増えないと思っているのは 依頼者と交渉できないだけだと思っている。交渉でいない=仕事の中身がよくわかっていない ということでもあり、あまりにも杜撰な内容であると言える。


省エネの義務化は、過去の家は仕方ないにしても、良質でストックとなる家を残すことに繋がり、しいては、中古の建物が ストックになり それが国家の資産となるわけで、今 それをしないと、未来に 今まで通りの家しか残せないことを意味している。


構造においても同様の事が言えるのだが、すべては 建築士と施工者のエゴではどうしようもない・・・

因みに 当事務所では、自社での構造設計を行い、かつ 省エネについても同様だ。

構造設計は他の同業者からも仕事は頂いているので、いわゆる自社で設計と言っても 年間数件しか設計しないであろう意匠設計者が行う構造設計ともわけが違うし、 また、それよりも簡単な省エネ計算は なんてことないといのだ。省エネ設計は計算書とか書類じゃなく 現場の話かなあと思うほど。もっとも 構造の場合は 設計も現場も重要なのだが・・・・

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

家の構造で重要な事(1) [住宅]

だいぶ間がいてしまっているのですが、心機一転。

ここより 新しいシリーズ 「家の構造で重要な事」シリーズを書いていきます。

建築家の仕事って は時々 続けますが、今回は新シリーズで再開します。

以前は ひたすらに注意喚起のような内容でしたが、逆にチェックを促す内容にしょうかと思います。

(建築家の仕事って でもかなり 「こういう建築家に気を付けろ」でしたが)


第一回目の内容は、「4号建築、長期優良住宅、性能評価って何?」です。

どこまで書けるかですが、できる限り単純に 素人の方でも分かるように書くので、あまりに専門性のある事は 割愛します。


4号建築とは

建築基準法第6条おいての分類で 1から4号のうち もっとも低層で、建築物的には簡易ともいえる部類。

例えば、木造2階建てで延べ面積が500m²以下のものは4号建築物(4号建物)となる。

設計上について

構造計算書 および 構造図の提出は求められない。

基本的に それを設計した建築士の責任であり、その責任において 構造設計したことと解釈されている。

決して、「やらなくてよい」ということではなく、あくまで 申請として添付・審査が不要 となっているだけである。

主な提出図書は 申請書 配置図 平面図 立面図 断面図 であり、審査機関や行政の方針で 構造計算の代わりとなっている、筋交・耐力壁の壁量計算書提出/ホールダウン金物の検討 N値計算 を求められる場合がある。


上記が法的なことが主な説明文ですが、この4号、そもそも 「あんまり難しいと大工さん 仕事できない」もかかわってます。確認申請に「構造計算書提出」が入ると、大工の勘やプレカット会社の思惑も一切及ばないこととなるのです。


実は、プレカットは、構造計算しているとかいう会社もあれば、従来通りのスパン表と言われる その梁の橋渡ししている区間によって 梁の性能を規定している 経験や実例に基づいた「表=スパン表」があり それで梁の大きさを決めています。

しかし、この決め方には、構造計算する場合 用いる 考え が 抜けていて、場合によっては、構造計算した場合とで大きく異なる結果となる場合もあるのです。

このプレカットについては プレカット会社が製作し、建築家はかなり これをあてにしてます。

そう、構造材の設計は プレカット会社または工務店 任せ なんです。


また、梁・柱だけでなく、耐力壁もこんなルールが・・・・

先にも書いたように、軸組計算=簡単な壁量計算 と N値計算=簡易な基礎と柱を緊結する金物の耐力を決める計算 があり、本来 構造計算であれば、この部分は 建物の「重さ」から地震せん断力係数というものをかけて、計算します。上記の簡易計算は、屋根→重い屋根 軽い屋根 程度の区別で 耐力壁量を決定しています。この計算は 構造計算に比べ、とても簡易で、かつ、ずいぶん昔に作られたため、構造計算よりも遅れています。現状の軸組計算の 1.25倍くらいみて設計する方が 軸組だけするのであれば その方が良いと思います。


基礎構造については

瑕疵保険による仕様で、配筋が決まってますが、構造計算から比べると、不十分と言える場合もあります。

基礎構造は、あくまで重さ が主です。耐震等級による影響は、ホールダウン金物の引き抜きによる 外周基礎梁の下端主筋(鉄筋)のみでしょう。

いずれにしても、構造計算不要だと、計算するとしないでは、かなり答えが異なります。


ということで、まとめると・・・

4号建築とは

・構造計算をしなくても良いことを認められているのではなく、書類提出が求められていないだけ。

・しかし、一般的には 構造計算は行わず、耐力壁を算定する軸組計算やN値計算といった 簡易計算法で決定している。

・基礎も瑕疵保険規定仕様止まり


です。


あまりいい話ではありませんが、大概の低層住宅の建築物は この4号で、適当に強度をアップしているという感じです。中には 構造計算を自社で行っているところもあり、そういうところは信用できると思います。

昨今「日弁連」が「4号建築物に対する法規制の是正を求める意見書」を出し、特例を止めようと 意見しております。これは、現状の建築士事務所のほとんどが 自社で設計できなくなり、かつ、デザインの自由度が落ちると思われます。この通りにはなりませんが、4号特例は いつかはなくなると思います。



アンケートを行った方もいて こんな結果が!!


つまり、

一般の方 および 構造設計者 = 賛成
建築業界の人間 = 反対

となってます。


業界の悪しき慣習は、是正されるのでしょうか。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

建築家の仕事って① [住宅]

言わずにおれるか って 文句ですが、だれにでも文句は言えますよね。

逆にポジティブにどうするべきかを言えばいいんですが・・・


テーマは 建築家の仕事です。

自分は、構造のお仕事をしているので、他人の設計を目にしますが、

今回 言いたい事 それは、自分も含め 総じていえば、デザインされた家の 軒・庇はない家が多い事は 良くない!!です。


写真をご覧いただきたい。

IMG_20180626_120507.jpg


このお宅は 自分の設計じゃありませんが、このような 屋根の軒が全くない家にありがちな光景です。

雨だれがでてしまい、多分、築10年もないのにこのありさまでしょう。


このような事は 建築家がデザインに走りすぎ、日本の気候風土を忘れてしまったことに相成りません。

自分の場合ですが、軒庇は出すことが多いですが、それでも

年に一度は掃除もいる場合もあります。

特に 色が白だと 掃除しなけければなりません。

13891859_1147147575359960_8145590664147390873_n.jpg


20770421_1622802504461129_1192686396783233561_n.jpg


これは自分の設計した 両親の家ですが、軒庇あっても メンテナンスって 重要なんです。


建築家のありように一言 申したい!!! 

でも 自分は そうならないようにしたい!!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。