So-net無料ブログ作成

姉歯問題による建築士についての法改正について [資格試験]

新一級建築士を創設する素案をだしたとありました。
6/27くらいですか、そんなニュースがあいましたが、酷いのは、再試験をするということ・・・・
30万人いる全建築士に試験させ振り分けるという・・・・・
試験自体、またやるの?ということに怒りを感じますが、それ以上に、これは役人のお金儲けと、天下り先を作っていることに他ならないと感じました。だいたい、更新制にすること自体でも、天下り先とお金儲けという感じがしてならなかったのですが、もっとひどい素案を出してこうなってしまった感じです。そもそも、医師や弁護士にこんなことしてますか?
更新制ならばしょうがないと感じてましたが、これでは、試験勉強しかできず、仕事ができないと思えます。そうすると、結局、建築士ってなんなのの繰り返し。
素案を作った人はたぶん一般の人と、役人なんだろうけど、あまりにも実務から乖離しすぎていると思えます。だいたい、現行の一級建築士の試験自体、実務から乖離しているのに・・・・・(製図試験に限りますが・・・)
もう少しまともな案を出せなければ、更新制で良いかと思います。
更新に伴う講習会を頻繁に行うだけでも、天下り先が儲かるだけですが、まだましです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。