So-net無料ブログ作成

マンションは誰のものか?~昨日のTBS報道特集より [住宅]

昨日のTBS報道特集 http://www.tbs.co.jp/houtoku/

「施行ミスにどう対処? マンション住民の闘い」

を見ての感想ですが、危惧していることが表面化した事例の話でしたね。

というもの、マンションが地震で部分的に壊れた時、それが施行業者の手落ちの場合、どのようになるのかと言うものです。今、現在、表ざたにあまりなってませんが、近年の大地震、阪神淡路、博多湾沖、中越において、建物が倒壊・半壊した場合の業者の対応についてどうなっているのか?という番組でした。

自分は以前、マンションという特別な所有形態から修繕する時お金が足りなくなったり、纏まらない話をしたような気がしますが、それが具現化したような話でした。詳しい内容は、博多沖地震でマンションが半壊。原因は施行業者の手抜きとわかり、その後、施行業者とマンション住民組合との話し合いです。

この話のテーマの一つである、「マンションは誰のものか?」 これについては、マンションの構造躯体は共有物であり、マンション住民全てのもの=組合=組合の意思決定がマンション住民の意思ということで、44世帯あったとして、自分和解金が出ると言われ、それに自分が納得していなくても、大多数の住民がほしさに金額に賛成ともなれば、自分は他の人に迷惑をかけたくないとして、賛成に回らなければならないという事態に直面したとのことでした。マンションの住戸区画 厳密に言うと、壁・天井クロスまでがその人も物で、他はその人の物ではなく、みんなのもの・・・・買うときに話はあるかと思いますが、ピンと来ないで、このような事態のときに初めて気づくのでしょう。修繕も引越しについてもすべて、全員の意思を纏めなければならず、阪神の大地震の方は、倒壊したマンションから引越し、今ではそれに懲りて、戸建に住んでいるそうです。

このようなリスクがマンションにあることをご存知で、買われているのでしょうか?もちろん、戸建には、全て自己責任となりますが。

売るほうは常に、良い事しか言いません。リスクはちゃんと確認というか、教えてもらうか、調べないといけないでしょう。因みに、この様な話は、例が少なく、かつ表ざたにしたくないという業者・国の意思もあるのでしょう。

この話はまた続きを書きたいと思います。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

nice! 2

コメント 2

katsura

マンションはクロス一枚とっても、自分のものじゃないのかぁ・・・あらためて気づきますが、おっしゃる通りなんですよね。
lこれからもこうした記事をお願いします。いい勉強になりました。
by katsura (2007-01-09 12:59) 

土曜日の各駅停車

私も同じ番組を興味深く見ました。こちらの記事もトラバさせて頂きました。
by 土曜日の各駅停車 (2007-01-10 09:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。