So-net無料ブログ作成

通り芯の振り方に見る 建築家の特徴 [建築]

当方は、低層の木造建物の構造設計を頂いている関係で、様々な設計事務所の通り芯の「振り方」を目にしています。


通り芯 とは、いわゆる、図面を見やすくする為の 印 であり、基準です。

その基準から いくつか離れたところから 寸法は決まります。


一般的な事を言えば、グリッド というものがあり、3尺 910や900 又は909というものが利用されてます。

このグリッドを使用しているが、ハウスメーカー(ポラスとかそのくらいの木造メーカーでも) 工務店、あと、設計事務所でもあります。このグリッドは プランから使用しているケースが多く、方眼紙からプランしていると直ぐに分かります。しかし、このグリッドによる通り芯が最も簡単で やりやすく、寸法が振っていなくても 予想できる便利な寸法です。

グリッドについては、日本だと尺寸ですが、アメリカだとfeet inc があり、現場では当たり前の寸法です。実は、建材もこの規格で作られており、この寸法で作ることが 経済的と言えます。無駄が少なく 安く建てたいのであれば、この寸法の振り方がお勧めです。


次に多いのが、主要な壁と通り芯としている いわゆる RC造 鉄骨造 でもおなじみの芯振りです。

この降り方を使用している方は 普段は 木造以外が多いと思われます。なので、設計事務所がこれですね。

この寸法割は、確かにグリッドからすればイレギュラー寸法ですが、基準線からすれば という発想からすれば、建てるのには困らないです。確かに 建材に無駄が出てしまいますが、設計上は困りません。

ただ、主要な壁なので、通り芯の間が飛んでいるので、電話で相手に説明する等といった事の場合 説明しにくいといったデメリットもあります。構造設計者としては、主要通り芯以外に いくつも通り芯を追加しなければならないので、結構 面倒だったりします。


上記 2つをミックスしているところだったり、事務所特有のやり方で 上記に振り方を追加しているところもあります。

通り芯の振り方は事務所の方針でもあるし、性格が出ているなあと思ったりします。

実は 通り芯なしでの依頼も多いです。ない場合はこちらで振りますが、無い事務所の場合、きっとないことが習慣だと思われます。自由な事務所さんなのでしょうかね。


自分の場合ですが、最初のグリッド使用が多いです。

グリッドでプランもしますし。

グリッドしないと、いわゆる幅 例えば 廊下の幅とか トイレの幅を間違ってしまうことがあるんです。

プランの仕方は設計事務所/建築家 の設計の仕方でもあります。


建築家さんに依頼するとき、そんな視点で 打ち合わせする用紙や建築家の手元を見てはいかがでしょうか??


--------------------------------------------------------------------------------------
 
家を建築されたい方やお悩みの方でしたら、当事務所へお気軽にご相談下さい。
 
お話して決めても決して時間の無駄ではありませんし・・・・・・
 
内呂建築設計事務所
 
茨城県県南地域 
 
土浦市、つくば市、守谷市、取手市、牛久市、
龍ヶ崎市、つくばみらい市、筑西市、坂東市、稲敷郡阿見町、
稲敷郡美浦村、稲敷郡河内町、北相馬郡利根町、稲敷市
 
 
千葉県北西部
 
柏市 松戸市 野田市 我孫子市 流山市 白井市 印西市 船橋市 市川市
 
浦安市 千葉市 佐倉市 習志野市 八千代市 印旛郡 成田市 等
 
を中心にやっております。都内も東半分エリアは大丈夫です!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。